BLOG ブログ

Kenrocks Nite ver2 <Welcome to My Dream Festival>

18.09.11
こういう感じで放送してます。スタジオにて。大貫(左)とKatchin’


Interfm897 のスタジオのある階。この両脇にスタジオが。


みなさんごきげんよう!いかがお過ごしですか?
私はここんとこ続いた胃腸の不具合がようやく回復気味でちょっとだけイイ感じです。

しかし、台風21号の異常なまでの風の強さにはニュースを見ていてビックリです。亡くなられた方もいたとか。被害に遭われた方々には心からお見舞い申し上げます。まさに我が身にもいつ起こるか?ですものね。

さて、またここにも先週末9月1日土曜日に放送した我がごきげん RADIO、 Kenrocks Nite ver2の内容を紹介させていただきます。今回は、大貫個人の頭の中、ハートにある夢のロック・フェス、まぁ、妄想フェスみたいなものを勝手に組み上げてみました。いつものように以下に直貼りします。これがあなたの音楽生活の参考、一助になれば嬉しいかぎりです。

*************************

Kenrocks Nite ver2 <Welcome to My Dream Festival>   9.1OA 2018

みなさんこんばんは1大貫です、カッチンです!今夜もまた会いましたね!おばんです!いよいよ9月です。季節はもう秋です。もっとも我々の見解では日本はすでに気候変動で、前倒しなので秋深し、くらいな感じ?早くよりいっそう涼しくなってほしいね。そんな気持ちとは裏腹ですが、今夜は前半大貫コーナーでは私の夢みるロックフェス。こういうのがあればいいなーと。架空のフェスをお送りします。ではトップバッターはストーンズで

M-1 Jumpin' Jack Flash [Live] / The Rolling Stones『Get Yer Ya-Ya's Out!』UICY-6701


<トーク1>受けて解説など 彼らのとって2年ぶりのブライアン亡きあと、ミックテイラー参加の1969年11月からのアメリカンツアーで11月27日マジソンスクエアガーデン公演の模様を収めた70年発売のアルバムから。ストーンズが前座なんて豪華すぎますが、続いて登場は渋い。デラボ二+クラプトンです。

M-2 Poor Elijah - Tribute To Johnson ( Medley ) / Delaney & Bonnie & Friends『On Tour With Eric Clapton』WPCR-18027


M-3 Foxy Lady / The Jimi Hendrix Experience『Miami Pop Festival』SICP-3909


<トーク2>受けて解説など デラボニはストーンズtp同じ頃、こちらは1969年12月7日の英国ツアー、クロイドンでのライブ。発売は70年春。この共演がきっかけでのちにデレク&ザ・ドミノスを結成。ロバート・ジョンスンへの畏敬の念の発露。ジミヘンは68年5月のマイアミ・ポップで。まだデビューして1年あまりの時期で荒削りで初々しいが、The Jimi Hendrix Experienceとして脂の乗り切った頃?その辺が聴きどころ。さあ、いよいよ佳境です。トラフィック!

M-4 Gimme Some Lovin' / Traffic『Welcome To The Canteen』UICY-03645


<トーク3>受けて解説など 71年6月のクロイドン公演から。キャンティーンは学食や社食みたいな食堂。この時のバンドメンバーはオリジナル4人に加え、ベースに新加入した元ブラインド・フェイスのリック・グレッチ、コンガ。パーカッションにリーバップ、サポートのドラムにジム・ゴードンの7名。よりファンクや民族音楽など多様性を意識したアプローチを試行錯誤。メイソンは脱退へ。大トリは日本のバンド。カナダの万博にも出演した国際派。日本が世界に誇るフラワー。フラカンじゃないよ。フラトラです。素晴らしい!

M-5 Satori Pt.2 / Flower Travellin' Band『Make Up』WPC6-8427/8


< RUMBLE >

いかがでしたか、今夜のKENROCKS NITE VER2 前半の大貫パートでは空想上のライブ・フェスをお送りしました。大貫にとってはああいう感じのバンドやそういう雰囲気、空気感が好物です。まあ、60年代末から70年代中頃までの。てことでみなさん的にはどうだったのかな?と。空想だからなんでもアリ!です。DJも同じような感覚で自分はプレイしてますね。好きな曲をあちこちから持ってきて、みたいな。ではお知らせです 来週の土曜日夜、下北沢キューで知り合いのライブあってDJします。では今夜はこのへんで。お相手は大貫&カッチンでした!ではまた来週ADIOS AMIGOS!

ブログ執筆者:大貫憲章

ブログ執筆者

ヴィヴィド・スタッフ(265)
ヴィヴィド・スタッフ
大貫憲章(169)
<音楽評論家 / DJ> 1970年代初めから音楽評論家として、その後ラジオのDJ、1980..
ヨシダダイキチ(48)
<AlayaVijana / シタール奏者> 10才よりギター、ピアノ、音楽理論等を独学で学..
TSUNAMI ATTACK OF THE JAPANESE GARAGE(1)
TSUNAMI ATTACK OF THE JAPANESE GARAGE ロック・ファン待望! 日本が誇る世界遺..
ウィリー・ナガサキ(15)
福岡県出身。ラテン・パーカッショニスト。ティト・プエンテ・ファミリーの一員であ..