BLOG ブログ

Kenrocks Nite ver2 <Christmas Time Season Greeting>

18.12.26


https://www.interfm.co.jp/kenrocks/index.php?mode=sat&id=36

みなさんご機嫌ようです!

今年も残すところあと1週間あまり。クリスマス・シーズン真っ盛りの今日この頃、いかがでしょうか?近年、巷であんまりクリソン、つまりクリスマス・ソングとか流れてないような気もしてますが、日本人にとってすでにクリスマスはいっぱいある年中行事のひとつ、でしかなくなったのでしょうか?昭和世代の自分にはいささか淋しい心持ちの歳末です。やれ、ハロウインだ、バレンタインだ、とかパーティーたくさんの平成はイマイチ馴染めないジェネレーション。

そんな今回のラジオKenrocks Nite ver2は自分なりのセンスでチョイスしたクリスマス・ソング特集。まぁ、あんまりメジャーな感じしないですが、そこんとこ、ヨロシクです。音楽ファンは所詮マニアだしオタクなんです。つーか、そうじゃない音楽ファンなんて信用できないんです。浮かれてるだけの人たちは浮かれてるだけなんです。音楽じゃなくても良かったりするんですね。たまたま、って感じでしょうか。

では、今回もここに自分が書いた進行台本を直貼りしますのでヨロシクです。これがあなたの音楽生活の一助、参考になれば幸いかな、です。
ラジオも引き続きご愛聴お願いします!!!

****************************************

Kenrocks Nite ver2 <Christmas Time Season Greeting> 12.22 OA 2018

 みなさんこんばんは!大貫です、カッチンです!いよいよクリスマス。まぁ、いまどきはだから何なんだ、かもですが、うちのヒカルちゃんとかディズニーランドのパレードとか目がないですし、近年はイベント的にはハロウインに負けてるとかイマイチ盛り上がらないこの季節の風物詩?昭和の時代はジンゴーベーでクルシミマスなんてはしゃいで大騒ぎしてたもんです。それで今夜は大貫チョイスでのクリスマスにかこつけた曲を集めて聴いてもらおうと。これから30分ちょい、お楽しみ下さい。果たしてあなたの好きな、というか、知ってるナンバーありますか?ではクリスマスタイム・なう!

M-1 Presents For Christmas / Solomon Burke 「King Solomon」WPCR-25242


M-2 BLUE CHRISTMAS / She & Him 「A Very Christmas」PCD-93443


M-3 Christmas / The Who 「Tommy 」UICY-76251


M-4 Hey Mr.Christmas / Showaddywaddy 「25 Steps To The Top」REP-4171-WZ


M-5 Christmas Moon / Emmy The Great 「This is Christma」YRCG-90065


M-6 My Boyfriend's Coming Home For Christmas / Toni Wine 「A Boy Like You: Warner Girl Group Nuggets Vol. 5」WPCR-16659


M-7 I Wish It Could Be Christmas Every Day / Nick Lowe 「Quality Street: A Seasonal Selection For All The Family」MSIG-0884


M-8 Happy Christmas (War Is Over) / The Alarm 「Standards 」 VICP-76


M-9 Christmas Time Blues / Black Ace 「Black Ace」PCD-93736


M-10 Death May Be Your Santa Claus / Mott The Hoople 「The Ballad Of Mott The Hoople 」SICP-3464


<RUMBLE>

いかがでしたか、今夜のKenrocks Nite ver2?前半は大貫チョイスのクリスマスにちなんだ歌をセレクトしてドバっとお送りしました。曲目とかについてはインターのページから番組探してチェックしてみてください。もちろん、私自身もアメブロはじめ各種SNSにアップします。また壊れたHPも今再生中ですので来年には生まれ変わってるかと。さて、今年もあとわずか。でもレギュラーのイベントはお知らせします。来週の水曜日28日夜9時半からCROSSROADSあります。お馴染みのOrganbar で1500円。大貫憲章現場検証!大貫のロックな探検をビデオジョッキースタイルでご紹介です。年の瀬、押し詰まりぎみのところ、息抜きにどうぞ。大貫チョイスで2018年のナイスソングや今年亡くなったミュージシャンを振り返ろうな感じです。今夜はこのへんで。お相手は大貫&カッチンでした。ではまた来週ADIOS AMIGOS!


Organ Bar
東京都渋谷区宇田川町4-9 クレタケビル3F
03-5489-5460 OPEN 21:00

ブログ執筆者:

ブログ執筆者

ヴィヴィド・スタッフ(265)
ヴィヴィド・スタッフ
大貫憲章(169)
<音楽評論家 / DJ> 1970年代初めから音楽評論家として、その後ラジオのDJ、1980..
ヨシダダイキチ(48)
<AlayaVijana / シタール奏者> 10才よりギター、ピアノ、音楽理論等を独学で学..
TSUNAMI ATTACK OF THE JAPANESE GARAGE(1)
TSUNAMI ATTACK OF THE JAPANESE GARAGE ロック・ファン待望! 日本が誇る世界遺..
ウィリー・ナガサキ(15)
福岡県出身。ラテン・パーカッショニスト。ティト・プエンテ・ファミリーの一員であ..