BLOG ブログ

Kenrocks Nite ver2 <2018 Best Album Pt.1>

19.01.07
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
遅ればせながら、みなさんご機嫌いかがでしょうか?お正月も過ぎようというこの時期、すでに仕事に励んでいる方もいらっしゃるかと。ご苦労さまです!
自分は年末のオツカレ・モードがまだ回復せず、風邪ひきそう、でギリギリ留まってる、という感じです。2019年、年の初めに思うのは相変わらず、今年も健康第一だ!ということですね。
まだ年賀状もいただいた順に書いて返信させてもらってます。誠に申し訳ございません!!
溌剌快活に飛び出そう!とは思っていた2019年、相変わらずの体たらくですが、今後ともよろしくお付き合いのほど、お願い致します。
で、ここにも昨年末2018年の12月29日の土曜日に放送したラジオ「Kenrocks Nite Ver2」の内容を紹介させていただきます。年末ということで、毎度ながらの「振り返り企画」つまり、大貫にとっての2018年はロック的にどうなのよ?という話。気になったり心に留め置かれたバンドの曲を聴きながら振り返りました。この企画は来年、つまりは今年2019年に引き継ぎ、年またぎで行われます。なので今回は「その1 Pat1」です。
いつものようにここに自分の書いた進行台本を直貼りしますのでよろしくです。これがあなたの音楽生活の一助や参考になれば幸いです。

************************

Kenrocks Nite ver2 <2018 Best Album Pt.1> 12.29 OA2018

 みなさんこんばんは、大貫です、カッチンです!12月29日の土曜日、深夜2時周りました。今年も本当にあとわずか。いよいよ晦日のカウントダウンが刻一刻と近づいてますね?。来年は亥年ですが、亡くなったうちの親父もそう.大正12年生まれでした。ラジオを聴いているみなさんの中の亥年の人はおおむね昭和46年とか58年とか生まれかな?34年だと来年ちょうど還暦ですね。さて、トシの話はこれくらいで、同じトシでも今年2018年。自分の音楽人生においてはどんなトシだったのか?毎年のことですが、今年も今週来週、足掛け2年で振り返ります。今週は前半です。気になったアルバム、曲、アーティストなどご紹介。では早速いきましょう。オープニングは去年2017年にも話題になったこのバンドから。

M-1 Mountain Of The Sun / Greta Van Fleet 「Anthem Of The Peaceful Army」UICU-1298


<トーク1>受けて解説など ツェッペリン2世とまで言われたアメリカはミシガン州のローカルバンドからグラミー新人賞候補までに駆け抜けた新星4人組のデビューアルバム。番組ではシングル出た頃から着目してました。来年1月には初来日コンサートも。march of the Peaceful army tour 2019で大阪のゼップに東京のゼップ、さらに新木場コーストが21、24、25で。詳細はクリマンまで。続いていきましょう。

M-2 A Boy Named Andrew / Fantastic Negrito 「Please Don't Be Dead」PCD-24729


M-3 Stand Up Tragedy / The Fratellis 「In Your Own Sweet Time」OTCD-6302


<トーク2>受けて解説 ネグリートは紆余曲折の苦労人が射止めた2017グラミーから引き続く新作。デトロイトからオークランドに移って音楽活動スタートして挫折してから交通事故で離脱し、お子さん生まれてギターを再び始めてからブルースに。新たな世界を築き上げた40男のロック願望。さらにスコットランド・グラスゴー出身のザ・フラテリスの5枚目。相変わらずの曲作りと音づかいのうまさ。ここからはカナダからのねじれたポップストラテジーと女性活躍社会そのまんまなメルボルンの4人組。

M-4 MDM / Jo Passed 「Their Prime」SP1243CDJ


M-5 Gwynne / Jaala 「Joonya Spirit」PCD-24723


<トーク3>受けて解説 続いては謎の多い自由奔放な女子たち。シアトル生まれでLA拠点のサーフ・ガレージ・へなちょこ4人組ガールズバンドのラルーズの3枚目。単にサーフという以上に多様な奥行きも感じる。さらにはサウス・ロンドン出身のクロティ・クリーム、ロージー・ボーンズ、ネイマ・ジェリー、L.E.Dの4人で構成された現在20-21歳のガールズバンド、ゴートガールのデビュー作。今どき(ローファイ・エレクトロ)の思慮深いスリッツという声も。滅入りません。

M-6 Cicada / La Luz 「Floating Features」HAR105CDJ


M-7 4.Viper Fish / Goat Girl 「Goat Girl」RTRADCDJP884


<RUMBLE>

いかがでしたか、今夜のKenrocks Nite ver2?前半は恒例の大貫チョイスの2018気になったぜこいつらが!的なオススメもの。来年も期待したいね。デカいインパクトのものより、個人的に心に響いた感じのね。来週新年第一弾では、多少一般的評価の高かった作品やアーティストを紹介しますので年越してもご期待ください。お正月の暇なときにゆっくり聴いていただきます。今年もいろいろあったけど、まぁ、何とか無事に年越し出来そうなのを素直に喜んでおきましょう。では今夜はこのへんで。お相手は大貫&カッチンでした。ではまた来週!みなさん、良いお年を

ブログ執筆者:

ブログ執筆者

ヴィヴィド・スタッフ(265)
ヴィヴィド・スタッフ
大貫憲章(169)
<音楽評論家 / DJ> 1970年代初めから音楽評論家として、その後ラジオのDJ、1980..
ヨシダダイキチ(48)
<AlayaVijana / シタール奏者> 10才よりギター、ピアノ、音楽理論等を独学で学..
TSUNAMI ATTACK OF THE JAPANESE GARAGE(1)
TSUNAMI ATTACK OF THE JAPANESE GARAGE ロック・ファン待望! 日本が誇る世界遺..
ウィリー・ナガサキ(15)
福岡県出身。ラテン・パーカッショニスト。ティト・プエンテ・ファミリーの一員であ..