HIGHCONTRAST RECORDINGS img img
HIGHCONTRAST RECORDINGS
img
img news artist index discography event booking link contact
discography
alayavijana
AlayaVijana
Fire & Firewood
ReleaseDate : 2011/07/13
Price : ¥2625(tax in)
Format : CD
CatalogNumber : HCCD-9533
Label : MusicRobita & HIGHCONTRAST RECORDINGS

アラヤヴィジャナ 待望の5thアルバムが完成!!
日本最強のシタール奏者・ヨシダダイキチのソロユニットとして活動再開!
  
インド音楽と日本語の五七調の短歌を融合させた意欲作。注目のヴォーカリスト、中ムラサトコの圧倒的な歌唱力と、インド人タブラ奏者アルナングシュ・チョードリーの超絶技巧は必聴!難解に思われるインド音楽に日本語の歌が加わることによって、不思議とポップで心温まる音楽が完成した!もちろん今作もジャケットには手塚治虫原作『火の鳥』のロビタが登場!一時期は活動休止状態でしたが、5/28のセンス・オブ・ワンダーへの出演も決まり、これからの活動は期待大です!
  
〜ヨシダダイキチより〜
 今回の作品を作るにあたって、2つの発見が大きなモチベーションになっています。
 一つは、2004年からシタール奏者のウスタッド・シュジャート・カーン氏(グラミー賞にノミネートされたことでも高名)に師事することで、数千年におよぶ様々な文化の融合体であるインド音楽を再発見したこと。
 もう一つは、義太夫の竹本駒之助、鶴澤津賀寿の二人の人間国宝との出会いによって、日本語がネイティブに持っている"5拍、7拍、9拍"などの奇数を軸にした言葉のダイナミックな音楽性を再発見したこと。
 そういった新たな出会いによって再発見した要素を、アラヤヴィジャナというポップカルチャーのフォーマットてにシフトした作品です。
 全ての楽曲の歌詞は、ネイティブな日本の情感や自然観を歌った五七調の短歌をヴォーカリストである中ムラサトコの祖母の作品から引用しました。
 また、すべての楽曲はインドのラーガ(インド音楽の理論)をベースにしていますが、伝統的なインド音楽にはない新しい試みも積極的に楽曲に応用しています。ラーガをポスト・モードとしてとして扱い、アイリッシュ・ギターやブルース・ギターなどにみられる様々なオープン・チューニングを用いて微分音も積極的に使用し、シンプルで牧歌的な響きから西洋のモード音楽にはない妖艶な響きまで作り出しています。
 
 
■Member
alayavijana5
ヨシダダイキチ:Sitar and Guitar
中ムラサトコ:Voice
川村亘平斎:Kengdang Bali
藤枝暁:Guitar–
Arunangshu Chaudhury(アルナングシュ・チョードリー):Tabla


収録曲
01. 三日月は ram
02. 陰る陽と ram
03. たゆたゆ ram
04. いついかに ram
05. 春雨 ram
RealAudio WindowsMediaPlayer
artwork
HIGHCONTRAST RECORDINGS img artwork
copyright