ARTIST

なかの綾 AYA NAKANO

オフィシャルHP

バイオグラフィー

なかの綾 プロフィール
1985年5月7日 京都・西陣の織屋の娘として生まれる。血液型
B型。10歳より京都市少年合唱団に在籍し音楽の基礎を学ぶ。佐渡裕、ウィーン少年合唱団との共演を経験。18歳より祇園のジャズ・クラブ、Repos(ラポー)にて専属シンガーとして歌い始める。ジャズ、昭和歌謡、オールディーズと幅広いジャンルのレパートリーを増やす。また、布袋寅泰、HYANGHなどのバック・コーラスに参加し経験を積む。2010年デビュー・アルバム『ずるいひと』をリリース。限定リリースした7インチ・シングルは各レコード・ショップのチャート1位を独占するなど、DJ/クラブシーンからも絶大なる人気を得る。また、クラブキング主催のイベント「黒い歌謡曲」にて近田春夫、リリーフランキーと共演する。2011年WOWOWで放映された「R60スネークマンショー」に出演し、桑原茂一の演出で伊武雅刀、小林克也と共演。また、元ラッツ&スターの山崎廣明のバンド“ダイナミクス”のライブにゲスト出演する。2012年4月、アルバム『ずるいひと』をアナログで限定リリースし、発売初日でメーカー在庫が完売する。同4月、日本最高のティンバレス奏者ウィリー・ナガサキのアルバム『ミッドナイト・ルンバ』収録曲の「別れのマンボ」にゲスト参加。同曲が有線インディーズ総合チャート(週間)で1位を獲得する。

http://ameblo.jp/aya-nakano/

https://twitter.com/#!/aya_nakano

ディスコグラフィー