ライヴ・アット・ザ・メイン・ポイント1975 Live at The Main Point, Bryn Mawr, PA September 7th, 1975

アーティスト
ジャクソン・ブラウン&デヴィッド・リンドレー
JACKSON BROWN & DAVID LINDLEY
レーベル
ヴィヴィド・サウンド
商品区分
3CD
発売日
2021/05/26
品番
VSCD4145/7
税込価格
3,630円
ジャンル
サブジャンル
AMERICAN ROCK / WESTCOAST ROCK / SSW
バーコード
4540399041452
※ 先頭3桁が「200」の場合は非JANコード(転用不可)
Live at The Main Point, Bryn Mawr, PA September 7th, 1975 -WMMR FM Broadcast-

名作『レイト・フォー・ザ・スカイ』(74年)を前年にリリースし、翌年には『プリテンダー』(76年)をリリースしようという、まさに勢いに乗っている時期のライヴ音源が登場!!

楽曲リスト

DISC1

  • 1. Come All Ye Fair And Tender Lady
  • 2. Take It Easy
  • 3. Your Sweet And Shiny Eyes
  • 4. Long Distance Love
  • 5. Fountain Of Sorrow
  • 6. Jamaica Say You Will
  • 7. Mohammed’s Radio
  • 8. Fiddlin’ Around
  • 9. Lindley Introduction, Tuning And Chat
  • 10. True Arkansas Traveler (Banjo Solo)
  • 11. David Chat And Introduction
  • 12. I’m So Lonesome I Could Cry
  • 13. Chat And Introduction
  • 14. Reel Of The Hanged Man
  • 15. WMMR Radio Promo Spot

DISC2

  • 1. For Everyman
  • 2. The Times You’ve Come
  • 3. Song For Adam
  • 4. Cocaine
  • 5. You Asshole You
  • 6. Werewolves Of London
  • 7. Late For The Sky
  • 8. For A Dancer
  • 9. Hasten Down The Wind

DISC3

  • 1. Doctor My Eyes
  • 2. These Days
  • 3. Before The Deluge
  • 4. Do You Wanna Dance-Run, Boy, Run-Redneck Friend (Medley)
  • 5. Sweet Little Sixteen
  • 6. Pipeline-Runaway (Medley)
  • 7. Your Bright Baby Blues

盟友、デヴィッド・リンドレーとのデュオによるアコースティック・ライヴで、3時間、30曲にも及ぶ長尺の演奏は、ジャクソン・ブラウンのライヴのいつもの姿を示すものだ。フィラデルフィア郊外のコーヒー・ハウスの名店、ザ・メイン・ポイントで行われたライヴを地元のローカルFM局が放送した音源で、実にリラックスした雰囲気の中、カヴァー曲やデヴィッド・リンドレーのバンジョーやフィドルをフィーチャーしたインストまで、多彩な内容で聴かせる。思わずほっこりと笑顔になってしまうような、場の空気が伝わってくる作品だ。

ザ・メイン・ポイントは、フィラデルフィアの郊外の街、ブリンマーにあったコーヒー・ハウスで、キャパは約300人と決して大きくはなかったが、多くのアーティストに愛された名店だ。ジャクソン・ブラウンはここに10回出演したが、この75年には9月4日から9日まで6日間連続で出演。その4日目の演奏がこれだ。ジャクソンの代表曲はもちろん、リトル・フィートの「ロング・ディスタンス・ラヴ」や、この頃ジャクソンのプロデュースでアルバムをレコーディングしていたウォーレン・ジヴォンの曲を3曲も採り上げている。「コカイン」「ユー・アスホール・ユー」「ロンドンのオオカミ男」という笑いを誘う流れの後に演奏された名曲「レイト・フォー・ザ・スカイ」で歌詞を忘れてお客さんがフォローするというレアな場面まで聴ける。また、リンドレーのバンジョーやフィドル・ソロや、コーラスがたっぷりと聴けるのもファンにはたまらない。時にはお客さんのリクエストに答えながら、延々と3時間に渡るライヴは、まさにジャクソン・ブラウンの真骨頂といえるもので、まるでその場にいるような気持ちになる名演といえるだろう。