uLAyasu

アーティスト
幾見雅博
MASAHIRO IKUMI
レーベル
ヴィヴィド・サウンド
商品区分
CD
発売日
2021/10/20
品番
RATCD4415
税込価格
2,750円
ジャンル
バーコード
4540399044156
※ 先頭3桁が「200」の場合は非JANコード(転用不可)
数多くのCM音楽制作、作編曲/プロデューサーとしても活躍してきた職人系セッション・ギタリストの幾見雅博が1983年にリリースした初のリーダー作が待望のオリジナルジャケットデザインで再CD化!!昨今のシティ・ポップ再評価で一際注目される名盤を是非ご堪能下さい!!

楽曲リスト

DISC1

  • 1. Say My Love
  • 2. Urayasu Seawind
  • 3. Sunset Blvd.
  • 4. Morning Breeze・Daylight
  • 5. Coral Island
  • 6. Good By To The Blues
  • 7. Area Code 0473
  • 8. Angel Is Sleepin’
  • 9. P. O. N (Bonus Track)

角松敏生が87年にリリースしたインスト・アルバム『SEA IS A LADY』のシングル曲で、実質的アルバム・オープニング・ナンバー<Sea Line>の、あの印象的なイントロのギター・カッティングを弾いているのが幾見雅博、その人である。ここに復活したアルバム『ULAYASU』は、今はなきトーラス・レコードから83年7月に発売された、幾見のファースト・リーダー作。アートワークをご覧いただくと分かるように、浦安=URAYASUではなく、ULAYASU。半ば強引に綴りへLAを潜り込ませ、“浦安は日本のL.A.だ”とブチ上げた。当時のアナログ盤のオビのキャッチーでも、“日本のL.A.浦安在住。哀愁のギタリスト、あの幾見雅博が遂にソロ・アルバムを完成”と謳っている。
今年3月に急逝した村上ポンタ秀一(ds)を筆頭に、高水健司/美久月千春(b)、島健(kyd)、ペッカー(perc)、渕野繁雄(sax)、マイク・ダン(perc)という豪華布陣によるセッション。後年アレンジャーとして名をあげる島は、かつて幾見が組んでいたジャズ・コンボのレギュラー・メンバーであった。コーラスには山川恵津子、木戸泰弘、比山貴咏史、松木美音。ホーンには兼崎順一/武田和三(tr)らが呼ばれている。作曲はすべて幾見自身で(作詞は曲による)、どの曲もポップで明るく、実に爽快。スターターの<Say, My Love>はギター版シャカタクだし、ホーンとコーラス入りの2曲目<Urayasu Seawind>は、当時人気絶頂だった高中正義の作風に通じる。この2曲は当時シングルに切られ、A面曲<Say, My Love>の邦題は何と、サンタナかッ!?と言いたくなるような<哀愁の浦安>。ジャケットも首都高浦安ランプの夜景で、雰囲気はまるで演歌チックだ。それでもサブカル系の和モノDJの間で人気があるのかジャケットも首都高浦安ランプの夜景で、雰囲気はまるで演歌チックだ。それでもサブカル系の和モノDJの間で人気があるのか、最近のオークション市場では7インチのアナログ盤に結構なプレミアがつく。一方<Urayasu Seawind>は、タモリの司会でお馴染みだった長寿人気TVバラエティ『笑っていいとも』の某コーナーに使用されていたらしい。  
(金澤寿和氏ライナーノーツより)