彼女 ELA

アーティスト
ドム・ラ・ネーナ
DOM LA NENA
レーベル
ヴィヴィド・サウンド
商品区分
CD
発売日
2015/02/18
品番
VSCD9489
税込価格
2,200円
シリーズ
Production Dessinee
ジャンル
サブジャンル
ボサノヴァ
バーコード
4540399094892
※ 先頭3桁が「200」の場合は非JANコード(転用不可)
どこか憂いを帯びたウィスパーヴォイス、郷愁感漂う旋律がフワフワと浮き沈み、聴く度に心をくすぐられるよう…。ブラジルに生まれ、フランスとアルゼンチンで育った才女、ドム・ラ・ネーナのデビュー作は、唯一無二の雰囲気に包まれた傑作です。

在庫残り僅か

楽曲リスト

DISC1

  • 1. Anjo Gabriel 02:15
  • 2. No Meu Pais 03:10
  • 3. O Vento 03:20
  • 4. Batuque 02:29
  • 5. Dessa Vez 02:53
  • 6. Conto De Fadas 02:59
  • 7. Ela 02:42
  • 8. Buenos Aires 03:20
  • 9. Menina Dos Olhos Azuis 03:02
  • 10. Sambinha 02:22
  • 11. Cancao Boba 02:30
  • 12. Voce 02:33
  • 13. Saudade 02:32
  • 14. Start A War (Bonus Song) 3:20
  • 15. Dijan's Waltz (Bonus Song) 3:29

ブラジル生まれながら、移住したパリとブエノス・アイレスで育った若き女性チェロ奏者/シンガー、ドム・ラ・ネーナのデビュー作は、圧倒的な雰囲気に包まれた名作です。5歳の時にピアノを始め、その3年後にチェロへ転向してからは類い稀な才能を発揮し、 その若さにも関わらず、ジェーン・バーキンのツアーメンバーに抜擢されたのを皮切りに、高名なジャンヌ・モローやカミーユ、エティエンヌ・ダオーなどの一線旧のアーティスト達と共演して来た彼女が、プロデューサーのピアーズ・ファクチーニの力を借り、フランス・セヴェンヌ山脈のスタジオで吹き込んだのが本作『彼女』です。

そのサウンドは、彼女の多様な音楽的背景と豊かな才能をハッキリと投影した物で、繊細なブラジル音楽をベースにしつつも、クラシックやジャズのエッセンスをふんだんに交えつつ、自身のチェロを軸に、少なめの音数で聴かせる極上のアコースティックサウンドに仕上がっています。穏やかで品性を感じさせる演奏やアレンジはもちろん、彼女のどこか憂いを帯びた優しい歌声もまた魅力的です。古い映写機のノイズが聴こえて来そうな「01. Anjo Gabriel」から独特の世界観に惹き込まれますが、愁いを帯びた曲調が沁みる「03. O Vento」、「06. Conto De Fadas」、「09. Menina Dos Olhos Azuis」に、同じく語りかけるようなチェロの音色が物悲しいワルツ調の「05. Dessa Vez」、パーカッションがミニマムに響く怪しげな「04. Batuque」など、とにかく雰囲気溢れる楽曲達に加え、メロディが愛らしいサンバの「10. Sambinha」や、小粋なスキャットが印象的な「12. Voce」などのポップな楽曲も配し、豊かな『彼女』の表情を見せてくれます。

派手な作品ではありませんが、その穏やかで美しい世界観や美麗なメロディ、囁くような歌声が紡ぐサウンドは一聴で心に残る物です。多様な文化を吸収し、ユニークな旋律を奏でる若き才能による傑作です。きっと、末永くリスナーの心に残り続けるであろう素晴らしい作品です。

●A式の紙ジャケット仕様
●日本盤にはボーナス曲を2曲収録
●解説は山本勇樹氏(Quiet Corner/bar buenos aires)が担当
●ディスクガイド『Quiet Corner』掲載盤

ドム・ラ・ネーナ (Dom La Nena) :
本名:ドミニク・ピント (Dominique Pinto)。ブラジル南部の都市、ポルト・アレグレ出身(1989年生まれ)のチェロ奏者/女性SSW。幼少期に移住したフランスのパリで、5歳の時にピアノを始め、その3年後にチェロへと転向。アルゼンチンへ移住しさらに音楽を学ぶ。ジェーン・バーキンのツアーに参加したのを皮切りに、高名なジャンヌ・モローやカミーユ、エティエンヌ・ダオーなど、フランスの一線旧のアーティスト達と共演する。2013年にプロデューサーのピアーズ・ファクチーニと共にデビュー作『彼女』を完成させる。ブラジル音楽をベースに、クラシックやジャズのエッセンスを多分に感じさせる繊細なアコースティック・サウンドと、愁いを帯びたウィスパーヴォイスが魅力的な気鋭のアーティスト。