エッセンシャル 1961-1965 (2CD) Essential 1961-1965 (2CD)

アーティスト
グラディス・ナイト&ザ・ピップス
Gladys Knight & The Pips
レーベル
BSMF RECORDS
商品区分
2CD
発売日
2020/11/27
品番
BSMF7616
税込価格
3,850円
ジャンル
サブジャンル
ソウル名盤再発掘シリーズ
バーコード
4546266217012
※ 先頭3桁が「200」の場合は非JANコード(転用不可)
ソウル・レジェンド、グラディス・ナイト&ザ・ピップスの創成期である1961~65年にフューリー、マックスなどに録音した音源をほぼすべて網羅した2枚組コンピレーション。当時まだ10代というグラディスの天才シンガーぶりを垣間見ることのできるファン必聴アルバム。2枚のアルバム『Letter Full Of Tears』、『Gladys Knight』からの楽曲を中心に、シングルA・B面などのオリジナル・アナログ音源をリマスター。その後、モータウン、ブッダで華々しい活躍をする彼らの原点がここにある。

在庫残り僅か

楽曲リスト

DISC1

  • 1. Every Beat of My Heart
  • 2. Room In Your Heart
  • 3. Guess Who
  • 4. Stop Running Around
  • 5. Letter Full Of Tears
  • 6. You Broke Your Promise
  • 7. Operator
  • 8. I’ll Trust In You
  • 9. Come See About Me
  • 10. I Want That Kind of Love
  • 11. What Shall I Do
  • 12. Morning, Noon and Night
  • 13. Love Call
  • 14. Queen Of Tears
  • 15. A Love Like Mine
  • 16. I Can’t Stand By
  • 17. One More Lonely Night
  • 18. Darling (The Pips)
  • 19. Linda (The Pips)
  • 20. Waiting For My Phone To Ring (Rehearsal)

DISC2

  • 1. It Hurts So Bad
  • 2. How Do You Say Goodbye
  • 3. What Will Become of Me
  • 4. Every Beat of My Heart (Alternate)
  • 5. The Devil In Me
  • 6. Before Now And After Then
  • 7. Daybreak
  • 8. Giving Up
  • 9. Maybe Maybe Baby
  • 10. Lovers Always Forgive
  • 11. Another Love
  • 12. Either Way I Lose
  • 13. Go Away, Stay Away
  • 14. Stop And Get A Hold Of Myself
  • 15. Who Knows
  • 16. Tell Her You’re Mine
  • 17. If I Should Ever Be In Love
  • 18. Why Don’t You Love Me
  • 19. Walking In Circles
  • 20. Jungle Love (The Pips)

グラディス・ナイトは、1944年ジョージア出身。52年8歳の時に全国放送されたNYのアマチュアナイトで優勝し一躍注目を集める。同時に兄弟や従妹らとザ・ピップスを結成し、58年ブランズウィックより「Whistle My Love」でデビュー。そして61年ジョニー・オーティスの「Every Beat of My Heart」をHumTomレーベルよりリリースしR&Bチャート1位を記録。同年、ヴィー・ジェイに音源が渡り再リリース。さらにNYの名プロデューサー、ボビー・ロビンソンのフューリーと契約を結び、同曲を再々リリース。またドン・コヴェイ作の「Letter Full Of Tears」や1stアルバムもヒットし知名度を上げてゆくも、グラディスが産休に。64年にはカムバックし、マックスより多くのシングルや65年には2ndアルバム『Gladys Knight』もリリースするが、66年マックスの社長がモータウンに入社したことで、彼らも同時に移籍。その後は67年「悲しいうわさ」が全米2位、さらにブッダ移籍後の73年「夜汽車よ! ジョージアへ」が全米1位など華々しい活躍を遂げてゆく。