LADY PINK PANTHER / 夕凪フィルム LADY PINK PANTHER / YUNAGI FILM

アーティスト
アマネトリル
AMANE TRILL
レーベル
Azabudai Music
商品区分
7inch
発売日
2021/08/28
品番
AMC078
税込価格
1,980円
ジャンル
サブジャンル
AOR/City Pop
バーコード
4562240240173
※ 先頭3桁が「200」の場合は非JANコード(転用不可)
70~80年代のシティポップ&AORを現代的なポップソングに昇華したツーメンユニット「アマネトリル」の4th 7inch Singleは、シティポップギターにおける原点、鈴木茂の名曲「LADY PINK PANTHER」をカヴァー。冠イベント「音の風向き」で本人との共演を経て、原曲への敬意を表しながらもアマネトリルサウンドの一面でもあるラテンテイストを匂わせるアプローチで有機的に体現。ゲストボーカルに菅野みち子(秘密のミーニーズ)を迎え、男女混声によるメロウなハーモニーが輝く作品となった。<CITY POP on VINYL 2021参加作品>

楽曲リスト

DISC1

  • 1. Aside:LADY PINK PANTHER
  • 2. Bside:夕凪フィルム

日本語ロックの礎を築き上げた伝説のロックバンド「はっぴいえんど」のギタリスト鈴木茂の「LADY PINK PANTHER」をカヴァーするきっかけとなった、本人とのライブ共演「音の風向き」(2019年)は、高い評価を受け話題になり、2020年2月には、次世代シティポップアーティストとして音楽ライター金澤寿和が監修するライブイベント「LIVE Light Mellow Vol.2.5」に出演。同年リリースされた2ndアルバム『CRUISER POP』の収録曲『Voyage』はテレビ朝日「じゅん散歩」10・11 月度エンディングテーマに選ばれるなど、今注目の現行シティポップアーティスト「アマネトリル」。SIDE-Bに収録された「夕凪フィルム」は、アマネトリルの得意とするノスタルジックな情景描写にオーガニックなバンドサウンドが光るアレンジワークで、決して懐古主義的ではない「現在と未来」を見据えた音の系譜が並び、レスリースピーカーを使用したギターソロなど、独特な揺らぎを持つサウンドも聴き所。リアルな触れ合いが薄れゆくこの時世にこそ、ふとした瞬間に蘇る思いを詞にしたメロディアスな作品に仕上がっている。

ディスコグラフィー