ブルー・ペパーズ – SYMPHONY

新世代ポップ・スタイリスト・ユニット、ブルー・ペパーズの実に4年ぶりとなるNEWアルバムが完成! 80年代後期のサウンドへのリスペクトと現代を生きる二人ならではの感性を絶妙にブレンドした、渾身の2ndフル・アルバム!

発売日:2021年12月8日
邦楽[ J-POP / CITY POP / AOR / Light Mellow ]
レーベル:VIVID SOUND
品 番:VSCD3226
バーコード:4540399263526
価 格:2,750円(税抜価格:2,500円)
商品区分:CD / 国内盤

VIVID SOUND PROMOTION
こちらはVIVID SOUNDのプロモーション・ページです。関係者以外の閲覧はご遠慮ください。よろしくお願いいたします。

2020年1月に本作から先行リリースとなったアナログ盤7inchEP『Believe in Love / マリンスノーの都市 feat. 佐々木詩織』から既に2年近くが経 ち、この間に起こったコロナ禍における彼らをとりまく大きな変化をよそに、彼らが目指すサウンドは更にブラッシュアップされ、咀嚼、推敲の時間を費やした成果も充分に本作に反映された! 新世代ツーメン・ユニットが満を持して放つ渾身の80’sサウンドへのオマージュとリスペクトがここにある! 参加ミュージシャンも豪華! 本作には伝説級のベーシスト、リーランド・ スクラー(キャロル・キング、ジェイムス・テイラー、フィル・コリンズ、TOTO他)を筆頭に、日本の若手・ベテランの敏腕ミュージシャンが集結。ゲストボーカルには、お馴染みの佐々木詩織に加えTWEEDEESから清浦夏実が参加! ジャケット・デザインは弓削匠が担当。

【参加ミュージシャン】
Leland Sklar (Bass), 宮崎まさひろ(Drums), 伊吹文裕 (Drums), 黒田晃年(Guitars), 外園一馬(Guitars), 竹之内一彌 (Guitars), 庵原良司 (Tenor Saxophone)

推薦曲:
01. I’ll Be There
02. シンフォニー
07. アカシア

●資料(音、ジャケット、インフォ等)
以下からダウンロードしてください。
https://www.dropbox.com/sh/r2t5324gnnwpyaz/AAB7ovKcVlVnXIwmMPoEBF8na?dl=0

オンエアに関して:
11月22日より「シンフォニー」を解禁、12月8日より全曲解禁となります。
※先行シングルの「Believe in Love」「マリンスノーの都市 feat. 佐々木詩織」はオンエア可です。
ご協力をお願いします。
ブルー・ペパーズ – SYMPHONY
※ MP3で再生されます。

 

ブルー・ペパーズ

福田直木と井上薫による二人組音楽ユニット。
高校在学中に出会い、2015年より本格的な活動を開始。
様々なジャンルの音楽を咀嚼し、「本質的でありながらも聴きやすいポップス音楽」を追求している。

福田直木
1992年 東京都出身
幼少期はピアノやドラムに触れ、ジェフ・ポーカロのプレイに感銘を受けてAORを聴き漁るようになる。
高校時代にはDTMソフトを使った楽曲のコピーに熱中したことで次第に作曲をはじめ、それがブルー・ペパーズの活動へと繋がっていった。個人でも楽曲提供やディスクガイドの執筆などを手掛けるなど、活動の幅を広げている。
趣味はレコード収集。千葉ロッテファン。

井上薫
1993年 香川県出身
幼児期から高校卒業までヤマハ音楽教室に通い、鍵盤楽器の演奏技術や歌心、楽典の知識などを身に付け音楽全般の基礎を築く。
学生時代からプロミュージシャンとしてのキャリアをスタートし、世代や音楽性を問わず様々なアーティストをサポートする傍ら、作編曲家としても活動している。
大学在学中の2年間、森俊之氏に師事。