Warning: session_start(): open(/tmp//sess_f4ab15e4ca9405cef7f4534d314b0d9c, O_RDWR) failed: Disc quota exceeded (69) in /home/vividsound/www/vividsound.co.jp/wp/wp-content/themes/wp-bootstrap-starter-child/functions.php on line 155

Warning: session_start(): Failed to read session data: files (path: ) in /home/vividsound/www/vividsound.co.jp/wp/wp-content/themes/wp-bootstrap-starter-child/functions.php on line 155
Kenrocks Nite ver2  <大貫ロック体験史 #1 > – VIVID SOUND

Blog by 大貫憲章

Kenrocks Nite ver2  <大貫ロック体験史 #1 >

大貫です!春めいて来ました〜〜!!ラジオKenrocks Nite ver2 今後もよろしくです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんご機嫌いかがでしょうか?麗しい?それは結構です。

しかーし!ワタシ的にはそういう気分には全然未だにほど遠い感じデス。言うまでもなく、その原因はコロナウイルスのパンデミックで、その上の、緊急事態宣言とかの対応策、それしか打つ手のない国や行政の無策ぶり、に1年以上「自粛」し「耐えて」「サバイブ」をじっと「自己責任」として守り続けてきたワタシや周囲の人たちの「うんざり感」のメイチ限界に心ざわついてます!!!

医療従事者、時短する飲食業、何より、ほとんど放置の街の音楽発信地たる「クラブ」「ライブハウス」などの苦難、困窮を SNSでの「サポート」くらいでしか対応できていないことのストレス。

そこにきて国の高官とやらが言ってるという「緊急事態宣言もいい加減国民は慣れて効き目がない」のお言葉。まったくおっしゃる通りですよ。みんな言うこと聞かないです。でもね、それを政府高官のアナタに言われたくないんですよ。元凶はそもそもアナタたちの無策なんだから。ここでも「想定外」や「先は読めない」とかの発言がオカミから聞こえてきますが、それを含めてキチンと考察し、整理し、検討し、施策を打ち出すのが「国民の生命、財産、安全を守る」政府、政治の役割ですよね。

とにかく、このまま何も新たな対応策が出てこないのなら、忍耐もブチ切れます。好きにします、と言いたい気持ち。ブルース・プロジェクトで知った曲じゃないけど、ホント、♫Can’t Keep From Crying ここからはボブ・マーリーのように♫Get Up Stand Up Stand Up For Your Right!!

長くなりましたが、愚痴ではなく、意見陳述デス!失礼しました!さて、ここで緊急な!お知らせです。今週のお馴染みインスタライブ「KENROCKS TV」は金曜ではなく土曜日の21時頃からに変更になります。ので、みなさん、ご注意願います。さらにこのことを拡散していただけたらウレピーです。

ではいつものようにここんもこないだのラジオKenrocks Nite ver2の内容を紹介させてもらいます。今回のテーマはワタシ大貫憲章の音楽体験談、いかに音楽と出会い向き合ってきたか?の音楽遍歴を披露させていただくことに相成りました。

これが多くのリスナーの方々から「すげ~体験デス~~」とか「今じゃ考えられないリアリティ!」「昭和ならではの現場体験」「大物だらけの出会いの衝撃」などコメントまでいただきました。ありがとうございます!

では以下に自分の書いた進行台本を直張りします。これがあなたの音楽生活の一助、参考になれば幸いです。

************************

Kenrocks Nite ver2  <大貫ロック体験史 #1 > 3.13&15 OA  2021

みなさんこんばんは!大貫憲章です!ご機嫌いかがですか?徐々に暖かくなって春の訪れを感じる3月、コロナコロナで過ぎた時間ももう1年。なんだったらこの1年はもうなかったことにして新たな2020年をやり直してもいいんじゃないんか?なーーんてネ!さて、今夜は特別企画、1時間かけて、大貫ロック体験史と題して、”大貫憲章ロックヒストリー国内編”をお送りいたします。どんな展開になるかお楽しみに!まずは1曲。

M-1 Why Baby Why / ザ・ビーバーズ    1968「Go-Go Group Sounds Japan 1965-1969」   MANICD-1001

 

 

 

 

 

 

 

<トーク1> うけて曲紹介~大貫のロック原体験というのはGSなのか?はたまたエレキの若大将、加山雄三?当時印象に残っているGSバンド、ジャズ喫茶、出来事などもろもろ。~GSの時代っていうのは意外と短く66から68年の2年ぐらい、ビーバーズは一番お世話になったバンド。

M-2 April Blues / Apryl Fool     1969   「Apryl Fool」  COCA-12154

 

 

 

 

 

 

 

M-3 Atomic Bomes Away(原爆落とし) / ブルース・クリエイション  1970 「Demon & Eleven Children」COCA-15240

 

 

 

 

 

 

 

<トーク2> うけて解説など~

エイプリルフールと言えばはっぴいえんど前の細野さんに松本さん。オルガンの達人柳田ヒロさん。のちにクリエーションに変わるブルースクリエーションなどのバンドと大貫の個人的な交流の思い出。ちなみに大貫主催のイベント、グルービーロックキャラバンは、ロンドンナイトではかけないタイプの曲もプレイする大貫のそうした経歴からの一面が投影されたイベント。

M-4 ピクニック・ブギ / サディスティック・ミカ・バンド 「極東ロック・レア・トラックス」 CT25-5579

 

 

 

 

 

 

 

<トーク3> この曲が1973年、もうこの頃には音楽評論家としても活動していた。さらに、加藤和彦さん、サディスティック周りのミュージシャンとの交流~そしてこの時期は、後につながるストレートでワイルドなロックンロールが多く出てくる。

M-5 ふざけるんじゃねえよ / 頭脳警察 1972 「頭脳警察 3」 VICL-2004

 

 

 

 

 

 

 

M-6 ルイジアンナ / キャロル 1972「ザ★ベスト」   UMCK-4048

 

 

 

 

 

 

 

<トーク4>頭脳警察やキャロルとの遭遇~それにしても1968年からの数年の間に日本のロックの基礎となるようなバンドがほとんどデビューしてる。海外ではニューロック!そしてサンハウスなどめんたいロックの始まり~のちのシナロケまでの流れ

M-7レモンティー/サンハウス     1975「有頂天」Baidis ‎– 25CH-67

 

 

 

 

 

 

 

M-8 返事はいらない/荒井由美  1972「シングル」   Liberty ‎– LTP-2680

 

 

 

 

 

 

 

<トーク4>浪人生活中でのユーミン(荒井由美)との出会い。これが今の日本のポップ/ロックとの付き合いの中で1番のアクシデンタルなハプニング!最後に日本のロックの創世記から最近までの大きなストリームを作った第一人者、内田裕也さんのことなど。海外進出した日本のロック!カナダ万博!

M-9 Satori Pt.2 / Flower Travellin’ Band    1971「Make Up [Disc 2]」    WPC6-8427/8

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしたか?今夜のKenrocks nite ver2?我ながら?人に歴史あり!と言うことで”大貫ロックヒストリー国内編”をお送りしました。まぁ1時間やってもかけられる曲にも限りがあり、まだまだ取りこぼしはたくさんあると思うんで引き続き第2弾第3弾とやって行けたらな、と。今夜はこのへんで。お相手は大貫憲章でしたー!ではまた来週!Adios Amigos!!